Q1弁護士に相談する法律問題かどうか分かりません

こんなことを弁護士に相談していいのかなと思うことでも,弁護士の取扱い分野はとても広いですので,お気軽にご相談いただければと思います。
また,もし弁護士の業務分野ではない場合には,連携している他の専門家をご紹介させていただきます。

Q2法律相談は,平日昼間しかできませんか?

午後5時以降の法律相談や,土日祝日の法律相談は,事前にご予約いただければ可能です。

Q3実際の法律相談の流れは,どういったものですか?

「ご相談の流れ」をご参照ください。「ご相談の流れ」はこちらから

Q4法律相談料はいくらですか?

「弁護士費用」をご参照ください。「弁護士費用」はこちらから

Q5法律相談料の支払い方法は?

現金でお支払いいただくことになります。クレジットカードはご利用いただけません。

Q6法律相談の日に依頼しなければなりませんか?

弁護士と相談することで解決することもたくさんあると思いますので,ご相談のみでも構いません。また,法律相談当日に依頼しなければならないわけではありませんので,しばらく検討された後にご依頼いただくことも可能です。

Q7電話,FAX,メールだけでの法律相談は可能ですか?

電話,FAX,メールだけでは,弁護士として事案を十分に把握した上で,適切な回答をさせていただくことができませんので,当事務所では実施しておりません。
なお,顧問会社など継続的な関係がある方であれば,弁護士において事情をある程度把握しておりますので,電話,メール等での相談も受け付けております。

Q8自宅や病院まで法律相談に来ていただけますか?

ご希望があれば,自宅や病院まで出張法律相談いたします。
この場合は,弁護士費用として,1時間あたり10000円(消費税別。移動時間は含みません)と往復交通費をご請求させていただきます。

Q9事件依頼後の弁護士との打合せには,その都度,法律相談料がかかりますか?

ご依頼いただいた後の打合せには,法律相談料はかかりません。

Q10事件依頼後の着手金の支払い方法は?

受任の際に,請求書をお渡しいたしますので,指定の銀行口座に振り込んでいただくか(振込手数料はご負担ください),現金をご持参ください。クレジットカードはご利用いただけません。

Q11依頼後,裁判・調停の期日ごとに費用はかかりますか?

ご依頼いただいた後,裁判・調停の期日に出頭しても,着手金以外の追加の費用は特に発生しません。ただし,遠方の裁判所への出頭の場合には,日当が発生する場合がありますので,ご依頼いただく際に説明させていただきます。
裁判・調停の期日が数年間にわたって続いた場合でも,着手金以外の追加の費用は発生しませんが,報酬金の計算の際には長期間にわたったことを加味させていただくこともあります。

Q12「事件」とは何ですか?

ご依頼いただく案件のことを弁護士は「○○事件」と言います。
特に、意味があるわけではなく慣例ですので、お気にはなさらないで下さい。